つわりになるということ

妊娠初期に多くの人が経験することは、気持ちが悪い状態が続いたり、大好きだったはずの食材を受け付けなくなるということでしょう。これは、つわりによる状態で、妊娠の安定期になるまで続くことがほとんどです。なかには、まったくこのような状態を感じないで出産する人もいます。
妊娠すると喜びに満ち溢れるはずですが、吐き気やおう吐に悩まされてしまうのはなぜなのでしょうか。
子宮から分泌されるホルモンが原因と言われています。ホルモンバランスが変化するために、体調に影響すると考えられています。しかし、これ以上のはっきりとした原因は突き止められていないのが、現在の状況です。原因として考えられていることはいくつかあります。
まず、胎児は子宮内に誕生します。しかし、体は最初は胎児を異物と認識してしまうことで、拒絶反応を起こすのではないかと言うことです。そのために、胎児がある程度大きくなる安定になると、体は受け入れる態勢を整えるようです。
また、妊娠は嬉しいと考える反面、妊娠や出産にたいする不安がストレスとなることがあります。ストレスが自律神経の不安定を招き、つわりとなってあらわれるとも考えられています。
多くの場合、安定期になると食欲も戻って落ち着くといわれています。しかし、人によって安定する時期は様々で、主産直前まで続いてしまう場合もあります。
つわりは子宮の中に新しい命が宿っているという証です。適切な方法で乗り切る方法を模索することが大切です。
そのためには、母親しての先輩たちのアドバイスを受けるという方法があります。また、主治医に相談するのも良いでしょう。ただ、情報に振り回されないようにすることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ