つわりの時期の食事

誰でもそうですが、気持ちが悪いときには食事がのどを通りません。どんなに大好きな食材でも、体が受け付けないことがあります。つわりがあると、このような気分の悪い状態がある期間続きます。
この時期には、無理に食べようとする必要はありません。食べられるときに、食べられるものを、食べられるだけ摂取すればよいのです。栄養のバランスにこだわる必要はありません。
とはいうものの、栄養失調や貧血の心配があるでしょう。ですから、食べられる時、というのが大切になります。
つわりは、空腹時に特に気分が悪くなることが多いのです。ですから、空腹になる時間を少なくするために、一回の食事の量を少なくして、回数を増やして食べるように工夫するのがよいでしょう。
炊き立てのご飯の匂いや料理の湯気によって気分が悪くなる人が多いです。炊きたてのご飯を避けるとか、酢飯にするなどの工夫をすると、食が進みます。梅干しや漬物を入れた小さなおにぎりなどを用意しておくと、手軽に食べられてよいでしょう。
つわりの時期には食の好みかまるっきり変わってしまうことがあります。今まで大好きだった食べ物を受け付けなくなったり、偏った食材ばかりを食べたくなったりするのです。
例えば、鶏のから揚げばかりが食べたくなったり、アイスクリームばかり食べたくなる人がいます。健康な状態の時には、体に良いことではありませんが、あまり気にしなくても大丈夫です。このような状態は長くは続きませんので、食事に工夫をして、あまり頑張り過ぎない食生活を送るように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ