赤ちゃんの成長と出産予定日

妊娠が分かった時に知らされるのは、赤ちゃんの月齢と出産の予定日です。この時から、赤ちゃんを迎える準備が始まります。
赤ちゃんは「とつきとおか」かかかって生まれてくると一般的に言われています。しかし、妊娠しているようだと、産婦人科で診を受けたときには、既に赤ちゃんはお腹の中で8週から11週前後育っていることが多いです。実際の計算方法は、最後にあった月経日から起算して280日前後というのが、産婦人科での計算方法です。
また、最後の月経日がわからないという人も中にはいます。そのような人でも、超音波による検査で赤ちゃんの月齢を予測することができるので心配はいりません。
病院では、お腹の中の赤ちゃんは妊娠○週という表現で成長度を表現します。多くの場合○ヶ月という言い方をするので、違和感を感じるかもしれませんがより詳細な成長状況がわかります。いずれにしても赤ちゃんは日々、自分の胎内で成長しているのだということをしっかりと認識することが大切です。
どちらも予定日には変わりがありませんが、予定日ピッタリに生まれてくるのは稀だと考えてよいでしょう。予定とされる日の前後に余裕を持って、出産準備をすると安心できます。
出産準備として、育児環境、衣類、ミルクなどを行います。このほかに、母として、保護者として育てるという責任を持つ心構えを持つことが大切です。自分の思い通りにならないこともありますが、育てることに喜びを感じることの方が大きいことを知っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ