つわり時の歯の衛生管理

妊娠初期にはつわりがありますが、吐き気やムカつきによって、食事が上手く取れなくなるということが一般的に知られている症状でしょう。また、口の中にものを入れるということで、歯磨きにも支障が出てしまいます。
ごれから経験する人にとっては想像もつかないかもしれませんが、歯磨きはつわりの大敵でもあります。歯磨きをきちんとすることができなくなると、虫歯の原因にもなりますので、注意が必要です。日ごろから、きちんと歯の健康に気を付けておくことが大切です。
実は歯磨きは、日に何度もする必要はないという情報もあります。唾液が口腔内をの菌の繁殖をおさえるので、1日1度の歯磨きで十分なのだそうです。
しかし、歯磨きができないと、口の中が気持ち悪くて、さらに食欲がわかないという人もいるでしょう。つわりがおこるようになって歯磨きができない場合には、歯の健康管理にはデンタルウォッシュなどで口腔内を清潔にするよいでしょう。
最近は歯ブラシだけで歯磨き出る製品がありますので、利用してみましょう。水を飲んだだけでも気分が悪くなってしまうような場合には、うがいや歯ブラシの使用は難しいでしょう。歯磨き用のガムがあります。ガムを噛むだけでよいので、気持ち悪さも解消できることがありますし、手軽なので便利です。
妊娠するとカルシウムをとても必要としますので、歯の管理はとても大切なことです。つわりがひどい時期には、なかなか気が回らないかもしれませんが、できる方法で口腔内を清潔に保つことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ