妊婦と便秘

妊婦さんに共通する悩みの1つが「便秘」です。もともと女性は男性に比べて筋力が弱い、ということもありますが、生理や妊娠の時に出る黄体ホルモンの影響も大きいのです。黄体ホルモンには、子宮筋の収縮を抑制する働きがあるのですが、これは流産を防ぐうえでは非常に大切な役割です。妊娠すると黄体ホルモンがどっと出て、胎児を守ろうとします。

一方で、黄体ホルモンには腸の蠕動運動を抑制する作用もあります。黄体ホルモンの分泌が活発になることで、子宮まわりの筋肉がゆるみ、それによって便を肛門へと押し出していく腸の活動が鈍くなるので、便が排出されにくくなって、便秘になりやすくなるわけです。

また、初期にはつわりで食欲不振になるのも、便秘の原因の1つです。中期・後期になると、赤ちゃんが大きくなっておなかを圧迫し、それで大腸や小腸が圧迫され、活動が制限されて便秘につながる場合もあります。もともとの食生活で食物繊維不足などで便秘体質の人は要注意です。

便秘になると、おなかが苦しいだけでなく、痔の原因になったり、痔の症状を悪化させたります。また老廃物がたまっていくので、お肌の調子も悪くなります。倦怠感などにつながることもあるようです。そのため妊娠中の便秘は早めに解消し、便秘予防を心がけていく必要があるのです。

便秘の解消は、食生活の見直しが一番安心です。食物繊維の多い食品を積極的に摂取するよう心がけましょう。果物や、ヨーグルト+オリゴ糖も効果的です。つわりがひどい時はジュースやスープにするなど、工夫してみてくださいね。あと、適度にからだを動かすことや、適切なマッサージなども効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ