妊婦と食事の禁止事項

妊婦の食事は、大切な赤ちゃんを育てる仕事の一部。普段から食生活や食事内容、栄養素について配慮した食事を摂っていればほとんど問題ありませんが、ファーストフードやジャンクフード、お菓子を食事代わりにしている、といった場合は早急に見直しが必要です。

また妊婦だからこそ摂る必要のある栄養素、妊婦だから禁止扱いの食材があります。これは食事の基本ルールですが、どんなものでも過剰に摂取することは、胎児を含む身体へのダメージにつながります。たとえば卵と牛乳の食べ過ぎはアトピーのもとですし、カップラーメンなどのインスタント食品は化学調味料や着色料が使われていて、塩分も多く、高カロリーという面で妊娠中は避けるべきです。

胎盤を通して赤ちゃんにダイレクトに影響し、危険度も高いアルコールは、できる限り我慢しましょう。コーヒー、紅茶、お茶に含まれるカフェインも赤ちゃんによくないと言われています。ただし、リラックスできる効果もあるのでたまにならよい、という意見もあります。最近はノンカフェインのコーヒーや紅茶もあるので、上手に活用したいですね。

水銀が気になるマグロなども、たまに食べる分には許容範囲と言われています。何でも禁止してしまうと、妊娠期間が苦行のようになってしまうので、適度に量を守って、偏りがないように摂取するようにしましょう。

どう食べるかも重要です。調理で油を使い過ぎない、塩や砂糖を控えめにする、といった工夫が必要です。揚げるかわりにゆでる、栄養素が壊れにくく吸収効率のよい調理方法を選ぶなど、いろいろなアイデアもアップされているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ