妊婦と便秘薬

妊婦の悩みでも上位を占めるのが「便秘」。妊娠時に出る黄体ホルモンが、実は腸の蠕動運動を抑制する働きを持っているのです。これは赤ちゃんの流産を防ぐ大切な役割の1つなのですが、そのため便が排出されにくくなって、便秘になりがちなのです。

最近は食生活や仕事内容の変化から、妊婦以外でも便秘傾向の女性が増えています。そういう時に便秘薬を使う習慣のある女性もいますね。ただし妊婦はできれば薬を使わないで、身体に素直に、自然な状態のままでいるに越したことはないので、便秘薬を使用するかどうかは検討が必要です。もともと便秘体質なのが習慣になっている人は余計に要注意です。

市販のお薬には強い成分が使われている場合もあるので、いつもの感覚で使ってしまいがちだからです。中には、大腸を強制的に刺激して、排便作用を促す便秘薬もあり、流産や早産の危険性もゼロではないといわれています。

便秘は便秘薬に頼らず、食生活を見直して工夫するだけでも随分改善されます。「朝、起きたらコップ一杯の水を飲む」「食物繊維を摂る」「ヨーグルトを食べる」など、便秘解消効果で実績ある食材を摂り入れてみてはいかがでしょうか?

ただ、便秘がひどいと肌荒れを含め、いろいろな支障も出ますし、精神的にも落ち込みがちですよね。つらい時には産婦人科に相談すると、妊娠中などでも使用できる便秘薬などが処方されます。また、市販の薬を使う場合は、なるべくかかりつけの病院や薬局等などに相談して、使用の是非を確認してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ