妊婦検診

妊娠がわかってから、定期的にお世話になる妊婦検診。妊娠経過を確認したり、トラブルがないか調べるためには必要不可欠な検診ですね。通院タイミングは病院のほうから指定されますが、理想的な健康診査の回数としては、東京都を参考にすると「妊娠満23週までは、4週間に1回」「妊娠満24週から35週までは、2週間に1回」「妊娠満36週から分娩までは、1週間に1回」と、予定日が近づくにつれて、回数が多くなっています。あとは個人差もあり、たとえば高齢出産や双子の場合などは回数が多くなる場合もあります。

検診では、おなじみの超音波を使った検査から、子宮底長や血圧、浮腫、尿たんぱく、尿糖、腹囲と体重は必ずチェックされます。母子手帳に記入される項目なので、ご存じの妊婦も多いのでは?この時に赤ちゃんの成長を調べたり、逆子であることがわかれば、逆子体操などをして治すといった指導がなされます。太り過ぎなどの警告や、食事指導などもあります。逆に妊婦のほうから質問もできるので、いろいろな意味で安心ですね。もちろん不安があれば、検診に関係なく、医師に相談してください。

妊婦健康診査の費用は、全額自己負担が原則ですが、自治体ごとで検査費用の一部を助成する制度を実施しています。区市町村に妊娠届を提出し、交付された妊婦健康診査の受診票を持って、医療機関の受付に提出するだけです。ただし、超音波検査の助成回数は区市町村によって異なるので、注意が必要です。面倒臭くて、飛ばしてしまう、という妊婦もいるそうですが、安心して出産を迎えられるよう、できればきちんと受診してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ