妊婦と体重管理

つらかったつわりが終わって食欲が戻ると、ついつい食べ過ぎて「太り過ぎ」宣告される妊婦さんは少なくないようです。「妊娠したら、体重が増えるのは当たり前」と考えがちですし、周囲も食欲があることを奨励しますが、妊娠で増える体重と、肥満で増える体重は質が違います。

妊婦さんの定期健診では、必ず体重測定が行われ、太り過ぎの妊婦さんは厳しく注意を受けます。太り過ぎて肥満になると、妊娠中毒症の原因になったり、産道に脂肪がついて難産になりやすかったり、帝王切開になった場合に麻酔が難しくなったり、血栓症になりやすい、といった問題があるからです。血栓症は妊産婦死亡原因の第二位という深刻な症状なので、リスク回避のためには適正な体重管理が必要なのです。

もちろん個人差もありますし、太ること=難産というわけではありませんが、妊娠中や産後に肥満になると出産後も体重が戻らず、そのまま中高年の肥満につながる場合もあるようです。妊娠・出産で環境も激変し、生活リズムも乱れがちなので要注意ですね。メタボでも顕著ですが、肥満は百害あって一利なし、できる限り防ぐに越したことはありません。

適正な体重増加としては、7~8kgの増加が目安とされています。これは乳房・血液の増加が1.7~2.5kg、胎盤・羊水で1kg、赤ちゃんそのものが3kgという目安です。標準体重や妊娠前のBMIを把握しておいて体重管理を行いましょう。BMIが20~24だったら7~8kg、26.4以上だと肥満ということになり、増えてもOKな体重はゼロもしくはせいぜい5kgまで、といわれているので、参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ