妊娠初期の妊婦の肌荒れ

妊娠すると赤ちゃんのために完璧にいろいろなことをこなそうとして、無理をしてしまうとストレスがたまって肌荒れを起こします。また、黄体ホルモンなどのバランスが妊娠中は変化するため肌質も今までとは変わってきます。妊婦さんになったら化粧品を変えてみることも必要です。

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。力任せに洗うと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。さらに、洗顔の次に必ず保湿しましょう。化粧水に限らず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて使用してください。美容成分たっぷりの化粧水や、美容液を使うことで保水力をアップさせることができます。

肌のカサカサが気になる場合には、セラミドを食事に取り入れてください。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から成っていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。皮膚の表面を健康な状態にしておくバリアのような機能もあるため、足りなくなると肌荒れが発生するのです。

普段は肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後や入浴の後は出来るだけ化粧水を使用するほか、乳液を使用しましょう。特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。しっかりと肌を潤わせることと血をよく行きわたらせることが冬の肌の手入れの秘訣です。

スキンケアで忘れてはいけないことは間違った洗顔で肌を痛めないことです。間違った洗顔とはお肌にトラブルを招き潤いを保てなくなってしまう、要因をつくります。可能な限り、優しく包むように洗う出来るだけ丁寧にすすぐこと、大切なことを意識して洗うお肌の汚れを落としましょう。

妊娠時に肌荒れを起こしてしまう妊婦さんは、肌を気にしてしまうことも多く、悩むことが原因で肌トラブルも悪化してしまいます、素早いケアで肌荒れを防ぎましょう。

妊娠中の肌荒れ
妊婦さんの中には肌荒れで悩む方が少なくありません。子宮や羊水に大量に水が必要になるため、水分不足を起こして乾燥しがちになったり、毛穴がつまってニキビになるなど肌トラブルは絶えません。きちんとしたスキンケアで妊娠ライフを乗り越えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ