妊娠初期と飛行機

飛行機は短時間で移動ができるので便利ですが、妊婦さんの中にはおなかの赤ちゃんへの影響を気にする方もおられるようです。これは飛行機に限ったわけではありませんが、体調がよくない時には無理な旅行などは控えて、安静にすることが大切です。特に流産の危険性が高いとされる妊娠初期は、体調の変化も多いので、できれば安定期に入るまでは避ける方が安心です。中期以降であれば、車や電車による長時間の移動よりも飛行機の方が負担が少ないと考えられますが、初期だと万が一のときにすぐに病院に行けないので、飛行機は心配ですね。

飛行機は機密性が高く、気圧を調整しているうえ、空調を含め、特にエコノミークラスでは快適とはいいきれない部分もあります。なかなか自由に動くことも困難です。文字通りの「エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)」になる恐れもあります。胎児にも母体にも影響が出やすいので、要注意です。

航空会社ごとに、妊婦の飛行機搭乗条件があり、たとえば日本航空では「出産予定日から28日以内の妊婦は、利用開始日より7日以内に作成された医師の診断書を要する」「国際線では出産予定日から14日以内、国内線では出産予定日から7日以内の搭乗の場合は産科医の同伴が条件」といった条件づけが行われています。このルールを把握したうえで、飛行機を活用しましょう。当然ではありますが、切迫流産や切迫早産、子宮外妊娠、前置胎盤などの場合の飛行機利用は困難です。つわりがひどい場合も避けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ