妊娠初期の腰痛

妊娠初期の妊婦の悩みの1つが「腰痛」です。妊娠初期の腰痛は、リラキシンというホルモンが原因です。これは妊娠中に大量に分泌されるもので、骨盤の関節を作っている結合組織やじん帯をゆるめることで、赤ちゃんを締めつけずに骨盤の中を通りやすくなるよう調整しています。緩まった関節を支えて通常の生活を送るために、筋肉やじん帯、関節そのものより負荷がかかり、それが腰痛になるのです。

つまり、妊娠初期の腰痛は、妊娠の過程として必要な痛みといえます。ただし、腰痛があると生活に支障が出るのは確かですし、活動範囲も狭まりますね。お腹が大きくなってくると、身体の重心が前に傾き、お腹の重みを背中側で支えることになります。そのために身体を反らし気味にしてバランスを取ろうとしますが、それによっても腰痛が生じます。特に、妊娠前からあまり運動をしておらず、筋肉が鍛えられていないと、腰痛になりやすいので要注意です。

腰痛をやわらげるのが「腹帯」です。最近ではさらしを巻くのではなく、サポータータイプが一般的になってきています。正しくつけることで、骨盤が締まり安定するので腰痛を緩和します。ただし、おなか全体をしめつけるガードルタイプは、血行不良を起こしやすく、あまりお薦めされていません。

入浴などで腰のまわりを温めるのも効果があります。冷えは腰痛の大きな原因なので、しっかり湯船につかって、下着類も重ね履きするなど、冷えないものを選びましょう。また、適切な運動で筋肉を強化し有効に活用すれば、腰痛を緩和できますし、自然なダイエットにもつながります。妊婦さん向けの腰痛体操やエクササイズも要チェックです。スムースな出産のためにも、適度な運動は意味がありますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ