でき婚の結婚式の準備について

赤ちゃんができて結婚するカップルは、おめでた婚、授かり婚などと言われています。そんなでき婚の結婚式の準備は、新婦の体調の都合などで、なかなか思い通りに進まないことが考えられます。そのため、少し余裕を持って段取りよく進めていく必要があります。

まず、両家の承諾が終わったら、日取りと式場選びです。妊娠初期や出産直前は安静に過ごすのが望ましいので、体調が比較的安定する妊娠5か月~8ヶ月ぐらいを選ぶ人が多いようです。また、式場はおめでた婚を応援してくれるサポート体制の整ったところを選びます。式場によってはおめでた婚向けのプランが充実しているところもあります。直接出向くのが難しい場合は、インターネットや資料請求などで情報を集めるのが便利です。

衣装は、長時間の和装は締め付け感が否めないので、ほとんどの人が洋装を選びます。ドレスに関しては、マタニティ向けにデザインされたものがあり、大きくなったおなかをカバーしてくれます。挙式時のおなかの大きさに合わせて選びます。本番の進行やプログラムは、新婦の体調を優先し、お色直し退席時に休憩時間を取るなど工夫することもできます。それと同時に、新居の準備も整えていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ