でき婚に反対の親に認めてもらう

赤ちゃんができた事が判明するのは、多くの人にとって、非常に嬉しい瞬間となります。しかし、結婚前に赤ちゃんができる場合なども多くあるのも実情です。赤ちゃんができてから結婚するのを、でき婚といいますが、必ずしも周囲全員の賛成が得られるケースばかりとは限りません。特に、どちらか一方、あるいは両方の親から結婚に反対されてしまう場合などもあります。

でき婚に反対の親に認めてもらうには、結婚する2人の絆が固い事、将来へ向けた2人の展望が明確に説明できる事が重要です。お互いに、この人でなくてはならないと感じている事は、まずは言うべきです。その上で、将来に向けてどの様に生活をたてていくかなどを、具体的に話してみる事も大切です。親にしてみれば、自分の息子や娘が将来的に上手く生活していけるのか、という事が重要なポイントになります。親にその点の安心感を与えてあげる事が、反対している心を少しでも解きほぐす事に繋がります。

また、親の中には、結婚してから赤ちゃんができるなどの順番に拘る親もいます。その点が気になる場合には、親へ挨拶する際に、まずは心配を掛けてしまった事などを2人で謝ってから、本題に入る事などもしてみてください。親は必ず自分の子供が将来幸せになる事を望んでいます。どの様にして、将来幸せまでの道のりを辿っていこうとしているのか、具体的に誠意をもって話す様にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ