未婚の母を選んだ理由とは

最近では、未婚のまま出産をする女性も増えています。しかし、未婚の母を選んだ理由は人によって様々です。妊娠をするには必ず相手の男性が存在します。結婚して妊娠、出産するのとは違い、未婚のまま出産をするには、人によっては迷いや不安を抱えながらの大きな決断となります。

経済的な理由などで未婚で出産した後に、父親の男性と入籍をする女性もいますが、中には最初から一人で育てると決断して出産する女性もいます。そのような場合は、父親となる男性に妊娠したことすら伏せて出産している場合もあります。その他には、結婚を約束していたけれども出産する前に何らかの事情で破局してしまったり、既婚男性と交際していて妊娠したため未婚の母にならざるを得なかったなど、一人一人の事情があります。また、入籍前に相手の男性が事故や病気などで亡くなってしまうような不幸な出来事で、未婚のまま出産という結果になってしまう人もいます。

このように未婚の母を選んだ理由は人によってそれぞれ異なりますが、女性一人で子育てしている人も数多くいるので、子育てと仕事を両立しやすい環境作りが必要とされています。特に最近では貧困による子供の経済格差が問題となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ